借り入れ期間は20年以下で設定できる

返済期間は少ない方がお得

住まいの購入を大きな目標にしている世帯は多いのではないでしょうか。賃貸も一戸建てやマンションなどを選ぶことはできますが、契約を更新しなければなりませんし、子供が大きくなったり、夫婦が年齢を重ねたりするといつかは転居しなければならない時が訪れます。
それなら、早い段階で住まいを購入しておいた方が安心して暮らせるでしょう。購入資金を全て準備するのは難しいので、住宅ローンを利用して長期的に返済する方法を選ぶのが一般的になっています。
利用する場合、返済期間は少ない方が利息の金額は少なくなるのでお得です。そのため、借り入れ期間を20年以下に設定すれば、30年を選んだ場合よりも返済額は少なくなるのでおすすめします。

フラット20で総返済額を抑えよう

住宅ローンの返済額を20年以下に設定するのであれば、フラット20を利用しましょう。これは返済期間を20年以下にすることによって、それ以上の場合よりも金利が低くなるという内容です。
そのため、フラット20を選択することで総返済額を大きく抑えられるようになります。共働きでお互いに正社員で勤務している世帯の場合、15年程度でも十分に返済していくことは可能でしょう。ただ、無理をする必要はないので、金利が低くなるだけで十分という考え方であれば、20年での返済を目指すと良いです。
30年での返済の方が期間は長くなるため、気長に利用することができます。ですが、住宅ローンは早めに完済した方がプレッシャーは減るので、フラット20を有効活用すると良いです。