新3大疾病付機構団信も用意されている

団信への任意加入が標準セットになった

住宅ローンを利用するとき、銀行が一から用意する商品と、フラット35を銀行を通じて利用する方法があります。銀行が一から用意する商品は団信が付いているケースが多く、フラット35を利用するタイプでは以前は別途任意で団信に加入する必要がありました。人によっては団信に加入していない人もいたようです。現在のフラット35は新しい商品になっていて、団信が標準セットになっています。つまり別途加入する必要がなくなっています。別途加入していたときに比べ、トータルの費用も安くなっているので、より利用しやすくなっています。団信は利用者にとってもローンを設定する金融機関にとっても重要な保険です。万が一の時でも返済が可能になるので、選択しやすくなりました。

いくつかの団信から選択ができる

住宅ローンを利用していて、困るのは将来返済できない時でしょう。ローンの契約者が亡くなると返済が難しくなる可能性があります。団信に加入をしておけば、亡くなった後の返済が免除されるので、団信付に入っていると安心できます。将来の返済が難しくなるのは亡くなるときだけでなく、病気などになったときもあります。フラット35では団信付きが選べますが、一般的な死亡保障以外に三大疾病保障が付いたものを選べます。その名の通り、三大疾病にかかっていると診断された時、それ以降の支払いが免除されます。三大疾病保障が付くタイプを利用するときは、通常タイプより少し金利を上乗せして利用します。せっかくなら入っておいた方がいいかもしれません。