住宅ローンを利用するときに知っておきたいのがフラット35と呼ばれる商品です。これは返済が楽になる金融商品で銀行を利用して使えるので、これから家を購入したい人はフラットシリーズの詳しい内容や種類を知っておきましょう。

フラット20も用意されている

フラット35とは違い20年以下の返済で済ますのがフラット20の特徴です。その分低い金利が設定されているので短期間で返済したい人にお得となっています。フラット20独自の特徴があるので知っておきましょう。

総返済額を大幅に下げられる

念願のマイホームを手に入れるために住宅ローンを利用する世帯は多いです。現金一括での購入は理想的ですが、これから稼げるようになる若い世代には難しい選択です。しかし、住宅ローンなら頭金がなかったとして…

借り入れ期間は20年以下で設定できる

住まいの購入を大きな目標にしている世帯は多いのではないでしょうか。賃貸も一戸建てやマンションなどを選ぶことはできますが、契約を更新しなければなりませんし、子供が大きくなったり、夫婦が年齢を重ねたり…

固定期間が終了すると金利の優遇幅が変化する

固定期間が終了したら適用金利を確認しよう

固定金利の住宅ローンは、契約している期間が過ぎると金利の優遇幅が変化するという特徴があります。固定金利を契約した時にキャンペーンなどで優遇金利の受けていた場合、実際に金利が上がっていなくても適用金利が上がってしまうので、金利が上昇するという変化が起きることが多いです。 住宅ローンの固定金利の期間が終了しそうな場合は、まず固定金利終了後の適用金利をチェックしましょう。適用金利を確認したら変動金利と固定金利の月々の返済額を計算します。その際には他の銀行に借り換えができるかどうかを確認することも大切です。なぜなら優遇金利のキャンペーンがなくなってしまった金利は他の銀行の金利に比べて高いかもしれないからです。

フラット20への借り換えも有効

フラット20は早期返済を目的とした人に最適なフラット35のサービスの1つです。フラット35の利用条件のままで、返済期間を20年以下にすることができます。フラット20は返済期間が短い分、1回あたりの返済額が大きくなり融資条件が厳しくなったりしています。したがって新規でフラット20を利用するのは少し厳しいですが、別の銀行の住宅ローンからの借り換えに最適です。固定金利の期間が終了して優遇金利のサービスがなくなり、返済期間が20年以下でまた固定金利で借りたいのであれば、フラット20を検討してみてもいいでしょう。フラット20はフラット35より金利が低いという特徴があり、安全に総返済額を減らすことができるからです。